大人のための、友達の作り方

 

わたしは、「友達作りが苦手」と悩む人に「どうしたらそんなにたくさん友達作れるの?」と聞かれることがよくある。

 

 

 

実際に数として私が友達多いかどうかは置いといて、確かに今までの人生で人間関係にあまり悩んできたことはないし、「わたしって友達少ないな。涙」と思ったこともない。

いつ何時でも、その環境ごとに自分の心地良い友人や仲間たちがいたのは事実であるし、職業柄初対面の人と会うことも、パーティーやイベントの大人数の場へ行くことも多いが、あまりコミュニケーションで困ったこともない。

 

 

しかし、勘違いしないで欲しいのは、私は社交的な方ではあるが、決して”誰とでも”仲良くなるわけではない。

シンプルに”自分が好きな人だけを全力で大事してる”だけでなのである。

 

 

逆に言えば、自分が好きな人にだけ好かれてればいいし、自分が興味ない人から嫌われても興味ないし、そもそも視界に入らないし気にならない。 結果誰かに媚びたりよく思われようとしたりしないから、自分らしくいれるし、そうすると結果として人から好かれることが多いかもしれない。

 

 

 

ちなみに、わたしはこの人面白い!好きだ!とピンときたら自分からどんどんアプローチして仲良くなる。

しかし、仮に100人が集まるパーティーに行ったとしても、そうやってピンとくる人と1人出会えば良い方なので、「あんまり仲良くなりたい人がいないな〜」と思えば、無理に誰かに話しかけたりせず、黙々と役割をこなしたりご飯を食べたりしている。

 

 

自分が好きな人だけを全力で大事にする

自分がピンときた人にだけアプローチする

というのは、逆に言えば、自分が好きな人にだけ好かれてれば良くて、自分が興味ない人から嫌われても興味ないし、そもそも視界に入らないし気にならない。 結果誰かに媚びたりよく思われようとしたりしないから、自分らしくいれるし、そうすると結果として人から好かれることが多いかもしれない。

 

 

 

そして私は「自分が好きだと思う人は絶対に私のことが好き」という確固たる自信思いこみが幼少期からあり、実際その通りの世界が創られている。

友達作りが苦手な人はそもそも付き合う人を「自分が選んでない」傾向にあって、友達も仕事仲間も恋人も一緒に過ごす人を選ぶのはいつだって「自分」だよってことを、ショッピングモールの吹き抜け全てに響くぐらいの勢いで叫びたいし伝えたい。

 

 

 

加えて、私は器用じゃないので、そんなに大人数の人を一度に全力で大事にすることは出来ない。

常に「本当に大事な人だけを全力で大事にしたい」ので、人間関係の断捨離も軽やかにするし、なんとなく付き合ってる友達もいないし、本音で付き合えない人はそもそも周りにいない。

 

 

 

多くの人の妄想でありがちな「みんなに好かれようとすること」は絶対無理だし、みんなに好かれようと良い人やってると、浅いつながりしか出来ないし、「良い人、良い人、どうでも良い人」になっちゃうんだよね。